固定金利型の住宅ローンにはメリットもあればデメリットもある

利息の発生する額の基準となる金利。住宅ローンを利用する際、金利は切っても切れない存在だと言えるでしょう。住宅ローンには固定金利型と変動金利型があり、金利が与える影響は大きいです。

 

住宅ローンを利用する場合、固定金利型と変動金利型のどちらを選択するのかは人それぞれです。ただ相対的に見て、固定金利型を選択する人が多いです。なぜなら固定金利型にはメリットがいくつかあるからです。ただメリットだけではなくデメリットも存在します。そのため固定金利型の住宅ローンを選ぶ場合、そのメリットとデメリットを把握しておいたほうがよいでしょう。

 

そこで固定金利型の住宅ローンにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。まずメリットとしては金利上昇リスクがないことと返済計画をしっかり立てられることです。

 

安定という言葉が最も似合う住宅ローンと言えるでしょう。ただデメリットとして低金利の恩恵を受けられないことがあります。通常固定金利型の金利は変動金利型よりも高く設定されています。

 

また市場が低金利になっても、固定金利の金利に変化は生じません。