一戸建ての住宅ローンの金利は固定が定番?

個人的な考え方ではありますが、土地探しをしてマイホームを建てる際の住宅ローンは、やっぱり「将来的に繰り上げ返済を考えての金利固定」がしっくりくるように思います。私は金融商品に詳しい銀行マンというわけでもなんでもありません。ですからプロとしてのアドバイスでもなんでもないわけなのですが、しかし周囲の人の話を聞いてみても、「将来的に繰り上げ返済を考えての金利固定」が一番いい選択のように思えたのですよね。

「将来的に繰り上げ返済を考えての金利固定」は、言ってみれば住宅ローンのプランにおきましても、定番的なものだと感じています。要するに「ベタなのは金利固定」という意識が私の中にはあったのです。そして周囲の人に聞いてみても、みなさん「住宅ローンは金利固定」で組んでいますので。その辺の安心感にしても、私が金利固定を選んだ理由ですね。

そりゃあ「1円でも安く!」という思いは関西人である私の中にはありますよ。しかし、スーパーでの買い物とは違って、住宅ローンは借り入れ金額がとても大きいものじゃないですか。土地と住宅の建設費を合わせて住宅ローンを組んでいる知人は、4000万円だのと高額な住宅ローンで組んでいますから。土地はキャッシュで購入しましたが、それでも私にしても3000万円の住宅ローンは組んでいるわけです。

ですから「住宅ローンの金利を少しでも下げて!」と思いますし、1円でも安く手に入れたいので、変動型にはとても惹かれたというものです。けれど先にも言いましたように、金融は詳しくないですし、金利が低いときはよくても、金利が高くなってしまった時に、私のようなタイプはものすごく後悔してしまいそうです。ですから結局、住宅ローンの返済プランとしては定番とも言える「金利固定」タイプにしたのです。

そしてマイホームが建ってからは、「繰上げ返済」を目標に、そしてまた「土地を購入する時のように」、がむしゃらにお金をためることを頑張っていますよ。でも、リフォーム費用も必要だったりと、なかなか貯まらないのですけれどねぇ。

童話集|フリーソフト|ショッピングカート設置|女性の人生|オーディオ|相互リンク募集中|初値予想サプリメント心の童話